FXで儲けている人はこんな人

本気になれば必ず儲けられるFX

FXを理解する必要性

私の経験から間違いなく言えることは、FXは博打ではありません。 一度でも大儲けすれば勝ち組だと思う方も、もちろん世の中には多く存在すると思いますが、私の信念としては少額でも安定して勝ち続けることが勝ち組なのだと思っている派です。 FXはビジネスであると確信しています。 この点を共感できる方は勝てる人です。

為替レート変動させる影響素因の仕組を知ろう

「投機取引」とは全体の8~9割を占める取引方法で、レートが安い時に買い、高い時に売るといった一般的な為替取引でその差額で利益を得る取引です。 殆どの投資家が短期取引で「利益確定」や「損失確定で」により頻繁に売り買いされているので、為替に影響するレート変動は相殺されほとんどレートに影響を与えていません。

博打は所詮博打

企業や商店、フリーランス、すべてのビジネスがリスクを最小限に抑えつつ見込みが取れるビジネスに限り投資するでしょう。
そのためにビジネスマンが専門知識を学び業界ルールや傾向を学びリスクを取らぬよう着実にキャリアを上げていきたいと考えるがごとく
FXの専門知識を学び、業界ルールや傾向を分析することは当然の事です。
ここで参考にしていただきたい事は、誰が市場に参加していて、重大なレートの変動はどのような過程を踏み発生しているのかを理解しなくてはなりません。
まずあがるのは、経済の安定化を維持しようとする政策を考える政府筋があげられ、幾つかの金融政策をしています。
まず「公開市場操作」をします。
これは、中央銀行(日本銀行)が一般銀行を相手に国債、有価証券取引をして市場に出回るお金の供給量の調整をすること。
間歇にいうと、国内が金欠の際、中央銀行が一般銀行の国債等を買い取る事で一般銀行に資金を投入し、一般銀行が資金的に潤うことにより低金利で企業に投資することが可能になります。
世の中の企業のほとんどは銀行の融資が無いと成り立たない仕組みにあるので、低金利であれば沢山の企業が融資を求め、世の中にお金が流れお金の流通量が増幅することになります。
よって国内が金欠を緩和するという仕組みです。
世の中にお金が余り始めた際は、その逆をすることによって世の中の通貨量を調整します。
次に「預金準備率操作」「公定歩合」という政策があります。
公定歩合は資金調達を求める一般銀行に中央銀行が資金を融資する際の金利の事を指します、これを調整することで銀行が企業に融資する程度を調節しています。
預金準備率操作とは、強制的に一般銀行から一定割合のお金を預け入れさせる政策です。
これらの政策によって世の中の流通量が変化し、これに伴いレート変動が起こっています。

Link

特にレートに影響を考える素因とは

貿易商が行う「実需取引」とはレートが高い海外に輸出した製品を売って、海外通貨を自国で換金して差額を得ます。 これは海外で取引するため国境を超えることで、それぞれの違う土俵で取引することになり「投機取引」のような相殺が起きず レート変動に少ない割合で大きく影響します。 これは非常に大切な意味を持っています。