本気になれば必ず儲けられるFX

>

特にレートに影響を考える素因とは

儲けている人は損切を潔く切ります

初心者のうちは、チャートのテクニカル分析や、経済のファンダメンタル分析を優先して、学んだことに自信を持ち、実はそうでもない自分の判断力を過剰に信じる傾向があります。
そのため、自身が自信をもって選定してきた通貨での取引で損失が出始めたとしても、そんなはずはないと思い、いや、きっと上昇するはずと、そうでもない自分の判断力を信じるがあまり損切をせず先延ばしにすることで損失を大きくし、一撃で再起不能、口座倒産に陥るケースが多く立ちません。
そうです、厳しいことを言わなくてはなりませんが、初心者のうちは自分情報はいらないのです。
積み重ねた経験だけが意味をなす世界だからです。
FXを始めた時点で沢山の時間をかけて勉強をするとは思いますが、その時点での勉強量で様々な情報を読み解き、自身の情報量で判断するには残念ですがまだまだだということを忘れてはなりません。
損が出始めた時点での潔ぎよい損切が重要です。

利確のタイミングを見直す

儲けが多く出ている上昇期でも、儲けているひとは欲をかかず利確できます。
また、利食いの技術を上手に使うことでも利益を出しています。
利食いとは、利益が確定している時点で売却し利益とすることですが、ただ丸投げで決算するだけでなく分割決算することで儲け率を上げるメリット方があります。
一括で売りに出す方が利益が出ると思われますが、レート上昇時で利益が増大している場面での人間心理として最高値を期待するあまりグットタイミングで手放すことは至難の業です。
きっとタイミングを逃し予定利益を下回ることが大いにあります。
プロは分割決算を取り入れ、そんな失敗を補っています。
例えば、最低時100株単価の銘柄を1000株分1000円で購入したとします。その後株価が1020円程度で足踏みし始めた時点で500株売却し利益確定します。
その後1030円で300株売却すればリスクに泣く確率は少なくなります。